Blue Lotus トランスフォーメーションゲーム日本窓口

お知らせ一覧

2019年6月8日

サトルリアリティーは実在するか?
  By Julie Spangler

では、なぜ私はこれがすべて現実だと認めたのでしょうか。 Findhornの創設者の一人であるPeter Caddyは、「プリンは食べてはじめてわかる」と言っていました。 非常に実用的なピーターは、園芸についてドロシーに質問を投げかけたことでしょう。 それは理にかなっていました。 コミュニティは自分たちの食べ物を育てる必要があり、ドロシーは自然の存在とコミュニケーションを取っていましたので、ガーデンを育てることについて彼らに尋ねるのはとても自然なことでした。 ピーターはドロシーに、自分が持っていた質問への答えを得るように、例えば、どれだけ離して、どれほど深くエンドウ豆を植えるのかなどの答えを得るように、ドロシーに頼んだことでしょう。 実用的な男性だったので、彼は実用的な質問をしました。 そして、不思議なことにフィンドホーンのガーデンは繁栄しました。

ピーターが砂地でのこのガーデンの成功についてラジオ番組で話すのを聞いて、英国土壌協会の会長が訪れて来たとき、彼は砂の多い土壌にも関わらず、とても健康なガーデンに感銘を受けました。 彼は有機性堆肥によって造られた土のサンプルを持って行きました。そして、その土はXミネラルが不足するであろうと信じていました。 彼は後でピーターに電話して、彼の考えが間違っていたことを伝えました。 土壌サンプルは完全にバランスが取れていることが証明されました。それは、堆肥にしている材料だけでは説明できませんでした。 ドロシーは常に、人間が働いているときにガーデンに与えた愛が、ディーバと自然のスピリットによって活用され、人間の意図を高めことができる - この場合は健康な土を作り出すために活用されると教えられていました。 人々は食べるために食べ物を育てていたので、自然は彼らと共に働きました。 その結果が、サトル・ビーイングとのパートナーシップによって生み出された奇跡的にバランスのとれた土でした。

ピーターはこれらの目に見えない自然の存在とのコラボレーションの力についての話をし、彼らの作品である目に見える証拠を見せながら、ガーデンを案内するのが大好きでした。 私が特に覚えている1つの物語は、コミュニティ内の道路のそばのフェンスに並ぶバラの茂みの生垣でした。 Peterについて知っておくべきことの1つは、特定のスキルを持っている人が訪問してきたとわかったとき、可能であればそのスキルを採用することです。 バラの生け垣の場合、彼の妻と一緒に訪れた人が、バラについて自分には専門知識があると告白したので、ピーターはすぐにそこに何を植えるかの提案を求めて、自分が美しくしたい道を彼に見せました。

その男の妻はサトル・ビーイングを深く信じていて、Findhornで行われている仕事のファンで、彼はその妻に引きずられるようにして連れてこられていました。 夫の方は全く信じていませんでした。 彼は自分の妻に、これがすべてナンセンスであることを証明して、二度と連れてこられることがないようにしようと決心しました! 彼がピーターに推薦したバラの品種は、北スコットランドの過酷な条件では決して生き残らないであろうと知っていた地中海の暖かい、穏やかな気候原産の繊細で敏感なブッシュでした。 その男は1年かそこら後に、死んだ茂みを調べて小気味好く感じるのを期待して戻ってきました。 驚いたことに、生い茂ったバラの茂みの美しい緑豊かな生け垣が彼を迎えました。 これによって、彼はサトル・ビーイングが助けているという可能性に心を開いたのでした。

Findhornに滞在している間に、大学の友人が私を訪ねてきました。彼は大学在学中に哲学を専攻していたので、私がこの場所のことを手紙に書いたのを見て興味を持っていました。さて、ディーバと Nature Spiritsの概念は世界の大部分にとってはちょっと「非科学的」です。それでも私の友人はそれらが存在することを受け入れているようでした。でもある日私達がこれらについて話していた時、彼は私がかなり決定的な質問だと思ったことを尋ねました - 他の人から聞いたことがある。 “でも何故天使やディーバやNature Spiritsが必要なんだい?世界は今のままで十分素晴らしいじゃないか?” 目に見えない存在の可能性について自分は心を開いたままにしておくことができると彼は考えていましたが、実は本当だと受け入れてはいなかったことが、この質問によってかなり明白でした。彼は心をオープンにしていると思っていましたが、無意識の心では、Findhornの人々は平凡な現実に謎の層を加えることによって、世界をより魔法の世界にするための試みでNature Spiritsを想像していると捉えていました。

私の回答は、もちろん、私たちは彼らをここに連れてくることを選んでいるのではなく、彼らを想像しているのでもないということでした。 彼らは私たちと同じように全体の一部として存在しており、私たちは彼らの存在を尊重し、より効果的に彼らと協力する方法を学んでいるところです。 なぜ私たちが人間を持つ必要があるのか、地球は人間なしで十分に素晴らしいのに、と彼らは言うかもしれません。 彼らは存在し、そして全体の生態系の一部なので、私たちは全体の幸福のために彼らと協力して働くことを学ぶべきです。

サトルワールドに対するこの態度は珍しいことではありません。 見えないとすると、それは存在するのでしょうか?  私たちは見ることができない多くのことを、しばしばそれについて考えることなしに受け入れます。 でも私たちは自分の感覚に不信感を抱くように私たちの文化によって訓練されているため、サトルワールドとのつながりを知覚する感覚を見落としています。 そして、自分たちが知っていると思っていることにとても固執しているので、新しい情報や知覚にオープンになれないのです。

宇宙には謎と、学ぶべき新しいことがあります。 そして、助けになる準備ができている多くの聡明なマインドや明るい意識があります。 私たちの心を注意深くし、新しい洞察や知見にオープンでいるならば、私たちが人生を通して一緒に歩んでいる仲間を見つけて驚くかもしれません。

〜〜〜〜

Julia Spanglerは、Lorian Associationの理事長です。 彼女はLorian Priestであり、Lorianのオンラインクラスと地元の未就学児の保護者の子育てクラスを教えています。 彼女は2年間スコットランドのFindhornコミュニティに住んでいました。そこで彼女は彼女の夫David、そして彼女がLorianを共同設立した他の人たちと出会いました。 彼女は夫と近隣に住む成人した4人の子供達と共にワシントン州イサクアに住んでいます。 彼女は私たちの世界の謎と美しさ、そしてその中の多種多様な人々を愛しています。

〜〜〜〜

ロリアン協会のニュースレターから翻訳、転載しました。
Lorian Associationのホームページはこちら

〜〜〜〜

【原文】
Is Subtle Reality Real?

By Julie Spangler

When I was in my early 20s, I went to live in the Findhorn community in northern Scotland for a few years. This was a time for me of opening to a spiritual life and learning new ways of seeing myself and the world I was living in. This is where I met people, Dorothy Maclean and David Spangler among them, who told of their conversations with non-physical intelligences that I had never imagined existed, and yet I felt such a resonance with what they shared that I felt I had found a spiritual home, a home that I knew on a very deep level. Dorothy Maclean's stories of her communications with the Devas, described as overlighting intelligences of Nature, were completely new to me. And yet, partly because of her grounded practicality and partly because of the corroborating stories I heard, I had little trouble accepting that these beings existed and that we could partner with them. (Many of Dorothy's stories have been described in her book To Hear The Angels Sing.* )

So why did I accept that all this was real? Peter Caddy, one of the founders of Findhorn, used to say, "The proof of the pudding is in the eating."  Peter, very pragmatic, would pose questions to Dorothy about gardening. It made sense. The community needed to grow their own food and Dorothy was communicating with nature beings, so why not ask them about growing a garden? Peter would ask Dorothy to get answers from the Devas to questions he had - like how far apart and how deep to plant the peas, for example.  Being a practical man, he asked practical questions. And Findhorn's garden thrived, inexplicably so!

When the President of the British Soil Association came to visit, having heard Peter talk on a radio show about the success of this garden in the dunes, he was impressed with the health of the garden given the condition of the sandy soil. He left with a sample of the soil that had been built up through organic composting, believing that the soil would be deficient in X minerals. He called back later to challenge Peter to give up his secret. The soil sample proved to be perfectly balanced, which could not be explained simply by the materials the gardeners were composting with.  Dorothy had always been told by the Devas that the love that humans put into the garden as they worked could be used by the Devas and nature spirits to work with and enhance the human intent - in this case to create healthy soil. These humans were growing food to eat, so nature worked with them. The result, then, was miraculously balanced soil produced by this partnership with subtle beings.  

Peter loved to give tours of the garden, telling stories about the power of collaboration with these invisible nature beings and showing the visible proof of their work.  One story I particularly remember was of a hedge of rose bushes that lined a fence by the road in the community. One thing to know about Peter is that if he found someone visiting who held a particular skill, he would recruit that skill if he could.  In the case of the rose hedge, a man visiting the community with his wife confessed his expertise with roses, so Peter immediately showed him this place by the road which he wanted beautify, asking for suggestions of what to plant there.

Now, this particular man had been dragged to Findhorn by his wife who believed deeply in subtle beings and was a fan of the work being done there.  Her husband,however, believed none of it. He decided he was going to prove to his wife once and for all that this was all nonsense, so he would never have to be dragged there again! The rose variety he recommended to Peter was a delicate, sensitive bush native to warm, mild climates of the Mediterranean that he knew would never survive in the harsh conditions of Northern Scotland. The man returned a year or so later expecting to gloat as he inspected the dead bushes. Much to his astonishment, a beautiful lush hedge of thriving rose bushes greeted him. This was all the proof he needed to open his mind to the possibility that subtle beings were helping.

While I was staying at Findhorn, a friend from college came to visit me. He had majored in philosophy while at university, and was interested to see this place I wrote about in my letters.  Now, the concept of Devas and Nature Spirits is a little "woo woo" to most of the world, and yet my friend seemed to accept that they existed - probably his study as a philosophy major gave the idea fertile ground.  But one day as we were talking about these subtle beings he asked what I thought was a pretty definitive question - one I have heard since from others: "But why have angels or devas or nature spirits? The world is pretty wonderful just as it is."  It was pretty obvious by this question that while he thought he could keep an open mind about such possibilities as the existence of unseen beings, he didn't really accept that they were real. He thought he was open minded, but to his unconscious mind, the people at Findhorn were imagining nature spirits in an attempt to make the world more magic by adding a layer of mystery to its mundane reality.

 My response was, of course, that we are not choosing to have them here, or imagining them.  They exist as part of the whole just as we do, and we are just learning how to respect their presence and collaborate with them more effectively.  We might as well say why do we need to have humans, the earth is wonderful enough without them? As these presences do exist and are part of the whole ecosystem, we should learn to work in cooperation with them for the wellbeing of the whole.

This attitude toward the subtle worlds is not uncommon.  If we can't see it, then does it exist? We accept many things that we can't see, often without thinking about it. But we are so trained by our culture to mistrust our perceptions that we often overlook those senses which do perceive our connections with subtle worlds.  And we can get so locked into what we think we know that we fail to be open to new information or perceptions.

There are real mysteries in the universe, and new things to learn; and there are many wise minds and bright consciousnesses ready to help.  If we keep our minds alert and open to new insights and perceptions we may be surprised by the companions we find ourselves walking with in our journey through life.

Julia Spangler is the President of the Board of the Lorian Association.  She is a Lorian Priest and teaches online classes for Lorian as well as Parenting classes for local preschool parents. She lived at the Findhorn community in Scotland for two years where she met her husband, David, and the others with whom she co-founded Lorian. She lives in Issaquah, WA with her husband and four nearby adult children. She loves the mystery and beauty of our world, and the profound variety of people in it.

*This title is available through Amazon. If you order by clicking on the links above, Lorian will receive a portion of the proceeds. Thank you for your support!

2019年5月26日

ハープ教室 ともかさんからのご案内

のんびりゆっくり、
おしゃべりしながら、お菓子食べながら、
大好きなハープを手作りする♡
作っている最中も、
出来上がった時も、出来上がった後も、
ずっとほんわか、
ずっと嬉しい。
そんな、手作りハープ教室です。
作れるハープは二種類。「Hug Harp」「Babyタイプ」

ハープの音はユーチューブからお聴きいただけます。

image
2019年2月17日

2019 The Transformation Game®
ファシリテーター認定コース

<トレーニング内容>
すべてのセッションはスーパーバイズされており、セッション中の能力評価を通じて、ひとりひとりに建設的なフィードバックを提供します。ボックスゲームを、より深く洗練されたプロセスの経験に導きます。
重要なトピックスの探求、難しいカードに関する議論、テクニックの実演とファシリテーションの練習を行う機会を含みます。2週間という集中的なトレーニングは、Gameへの学習を速め、深い内省と精神的な啓示を促進します。
プログラムを通して、訓練生は、Transformation Game Devaとの創造的なパートナーシップから受け取る教えと同様、ゲームのスーパーバイザーから、高度な注意を受け取ります。

<トレーニングを完了すると>
トレーニングを完了した参加者は、TransformationGamesワークショップをファシリテートするにあたって、マニュアルを使用することをInnerLinks社から公認されます。また、Transformation Gameの名称とロゴを、自らのワークショップを宣伝するために使用することを、InnerLinksから認められます。これらは著作権で保護されていて、専門的に、このトレーニングを通して公認される人々だけが仕事として使うことができます。

<事前にしていただくこと>
トレーニングは日本語に翻訳されたマニュアルを使用し、日本語の通訳を介して行います。トレーニングを受けるためには、基本的なTransformationボックスGameのルールについて、ある程度精通している必要があります。トレーニングを申し込む前に少なくとも4~5回ボックスゲームをすることをお勧めします。またトレーニングが始まる前に勉強して、マニュアルを使って少なくとも3回以上の練習ゲームをする時間的な余裕をお持ちください。

日時
2019年9月7日(土)午前9時開始 9月20日(金)午後6時終了予定 14日間(約100時間)
場所
北スコットランド Findhorn財団 Cluny Hill
定員
6名まで
トレーナー
InnerLinks UK Facilitator Trainer アンジェラ・モートン(予定)
トレーナートレーニー
入澤 和美(Organizer)
ふかもり ふみこ
参加費
540,000円税込(認定トレーニング費、宿泊代、食事、会場費、通訳料、テキスト代)
なお飛行機、移動の交通費、トレーニング前後の宿泊費(1泊£40程度)が別途必要になります。
日本での開催費用と同価格になるよう設定しています。
飛行機代は各自手配ですが、行きは同じ便で行くようサポートいたします。またエアーチケットは、日本で開催の宿泊費13泊分の個人負担分程度と同じくらいだと思います。
お申込み後にご案内及びお手配のサポートをいたしますので、ご相談ください。
申込方法
電話またはメールにてお申し込みください。
申込みいただいた方には、InnerLinksへ提出する申込用紙など、詳しい資料をお送りします。
補足
トレーニング料金は、9月7日―20日、3食つきの宿泊滞在費、授業料と日本語マニュアル、コース同時通訳費、会場費などをカバーします。
申込金216,000円の支払が必要です。翌月末までに残金324,000円をお支払いください。マニュアルを受け取る前に全額お支払いが必要です。なお、分割支払などをご希望の場合は、お気軽にご相談ください。
振込先 三菱東京UFJ銀行 荻窪支店 普通口座 1767162 有限会社 i-wave(アイウェイブ)
2018年11月3日

Findhornでの日本語ワークショップ

<ガイド Mary さんからのインフォメーション>

〜Co-creation: Engaging with the Subtle Worlds of Earth and Spirit〜

共同創造:地球とスピリットのサトルワールド(微細な世界)と関わる

「私たちは物理的であるのと同じくらい微細な存在です。私たちは物理的、非物理的両方の生態系に生息しています。両方を意識して創造的に従事できるようにするのを学ぶことは、世界の完全性を回復するための扉を開きます」 - David Spangler

サトルワールド(微細な世界)とサトル(微細)な存在 - 地球の第2の生態系とも呼ばれる - が私たちの周りにあります。私たち自身は微細であると同時に肉体的な存在です。地球は、物理的な次元と非物理的な次元の両方をブレンドした全体的な生態系です。

身体的、心理的、精神的、そして微細で精神的な自己を認識して立つことを学ぶにつれて、地球の生態系の微細な次元との新しい関係、共同創造的でパートナ ーのような関係を持ち始めることができます。

微細な世界だけでなく、私たち自身の微細な性質に感謝しながら協力的な取り組みを発展させることで、自分自身、お互い、地域社会、そして地球に恵みをもたらすことができます。 世界全体を育て、より深く創造的に私たちの時代の課題に取り組むことができます。

サトルワールド(微細な世界)に取り組むことには 3 つの側面があります - 私たち自身の 微細な性質、私たちの周りの環境における微細なエネルギー、そして微細な存在と知性。これら3つは異なってはいますが、重複して交差する領域でもあります。

サトル エンバイアロンメント(微細な環境)とサトルビーイング(微細な存在)を認識し、それ にアクセスできるのは、私たち自身の微細な性質によるものです。私たち自身の肉体と微細な性質をうまく調節すると、私たちはサトル エリア(微細な領域)とそこで動作する存在(ビーイング)とつながります。私たちは「目に見えるように」なり、非物理的な存在、つまり彼らにとって私たちが重要なものとなり、コミュニケーションと協力の機会が広がります。

このワークショップでは、身体的、精神的な、そしてサトルな存在として自分自身を探り、微細な次元をそれぞれが独自に認識してつながる方法に注目します。私たちは微細な世界とのコミ ュニケーションの本質と、その方法を見て、実際的で創造的な方法で彼らとのパートナーシップを築く方法を探ります。
メアリー

<ガイドのご紹介> ☆ メアリー・イングリス さん Mary Inglis
トランスフォーメーションゲームの創設メンバー。
ゲームの開発販売元 Innerlinnks.Inc 共同代表
Findhorn 財団フェロー
世界中でTransformationGameFacilitatorTraining をはじめプロセススキルトレーニング、各種ワ ークショップなどを開催。日本には10 年以上 関わっており、Findhorn Outreach Education Program で意識のワークに努める。近年 はFindhorn財団において Co-Creation カンフ ァレンスの主要メンバーとして活動。

Transformation Game Facilitator Trainingのほか、日本における Findhorn Outreach Education 開催履歴
2007 年 Mystery School
2008 年 Elder Ship
2009 年 Creativity
2010 年 Subtle world 天使と手をとりあって
2012 年 Emotion and working
2014 年 5日間のProcess skill training
2015 年 3日間のProcess skill training
2016 年 Co-creation: Subtle Worlds of Earth and Spirit

<日程の概要>
2019年6 月 29 日(金)9:00 スタート 7 月 5 日終了
2019年7 月 6 日(土)9:00 チエックアウト
場所 Findhorn 財団 クルーニーヒル

【現地までの行き方について】
<1> オーガナイザーと一緒に渡航する方法(渡航費すべてと前泊費用は各自負担)
6 月 16 日(木)成田出発⇒ロンドン・ヒースロ-or アムステルダム・スキポールで乗 り換え⇒インバネス
(インバネスから Newbold House(予定)へは Taxi で移動)

<2> 日本 (成田・関空・羽田)⇒ヒースロー or スキポールで乗り換えアバディーン
バスでフォレス下車 電車でアバディーン駅かダイス駅からフォレスへ。

渡航が初めてという方もご安心してお申込みいただけるように飛行機、前泊、後泊の予 約などのご相談及びサポートしています。
安心してお申込みください。

日時
2019年6月29日(土)~ 7月5日(金)
6月29日(土)9:00現地集合 7月6日(土)9:00現地解散
場所
北スコットランド Findhorn財団 クルーニーヒルズ滞在
定員
16名(最小催行人数10名)
講師
InnerLinks UK代表 メアリー・イングリス
コーディネーター
Kazumi
参加費
220,000円(税別)※ワークショップ費、通訳費、7日間の宿泊費および食事代を含みます。
※お申込み時に100,000円をお振込ください。残金につきましては3月末までにお支払いください。
※一括支払いの場合は8%の割引が適用されます。
振込先
三菱東京UFJ銀行 荻窪支店 1767162(有)アイウエイブ
補足
出発日、帰国日の日程のご相談や飛行機、空港からの移動、B&Bのお手配はサポートいたします。
またワークショップの料金には、前後の宿泊と飛行機代、食事代は含まれておりません。
飛行機及びB&Bのお手配をいたしますので、帰国日をお知らせください。